a/樋口建築事務所

大原のいえ

大原のいえ

2010年12月竣工
LDKや浴室等水廻りに囲まれた広いデッキ(約11帖)と大きな開口部は、光や風、季節感といったものを
取込むと共に、内と外との境界を感じさせず、日々の暮らしが外へと延長していく役割を果たします。
これとは逆に、一段上げたタタミの間は、デッキと切り離すことで、独立した静かな時間を過ごすことのできる
スペースとなっています。
またキッチンの床を下げることで、手元の雑多なモノは隠しつつ、空間を広く感じさせる工夫をしています。
低い位置からは空をより広く見渡すことができ、デッキも一層近くに感じます。
広いキッチンカウンター、収納量を十分確保したキッチンのバック収納、PCコーナー等は家具工事で造り付けています。