a/樋口建築事務所

上八万のいえ

上八万のいえ

2008年10月竣工
小さいながらも中庭(植栽スペース)を設け、主要な室をこの中庭に面して配置することで、
日々の暮らしに季節感やささやかな潤いを取込みます。
また中庭は、外部との緩衝帯としても機能し、車の往来や近隣の視線等を気にすることなく
生活することがでます。
玄関ポーチに設えた木製ルーバーは、視線を遮りつつも来訪者の気配を感じさせ、風や光、
遠くに見える山の緑を運んできます。

タグ