+α

「どんな暮らしをイメージしますか?」
何を大切にしていて、どんな暮らしを思い描くのか
私はまず建主にこのようなことをお聞きしたいと思います。
なかなか明確にはならないであろうイメージを、時間をかけて言葉にし、
共有し、これらを具現化することで建主の「想い」が形になると考えます。

 

 「大切にしていること」

「想い」を一緒に創る過程において大切にしていることは、
室内だけで完結するのではなく、室内空間が "ここちよく"
庭などの外部とつながることです。
おおらかにつながった空間は、光や影がいろんな表情を見せます。
さらに、視線を外部へと導くことで、意識が限りなく広がると同時に、
光や風、季節感といったものが、日々の暮らしのなかに取り込まれる。

"ここちよく" つながることで、小さな楽しみや発見が増え、
感性や想像力を育むことが出来ると考えています。
また、機能的であるべき場所と余白。開く場所と閉じる場所。
そんなことも大切にしています。
建主の「想い」を確実に、現場へと橋渡しすることも
私の大切な役割だと思っています。

 

「暮らし+α」

時間に追われるような毎日を無難に乗り越えていくために
手際良く暮らすことが求められます。

そんな暮らしに「+α」があれば。。。

それは、窓から見える景色だったり、ほっこりできる時間だったり…。
十人十色の「+α」を一緒に探しだし、カタチにしていきたい。
そして、そこに住まう人の意識が、どこまでも無限に広がっていく。
そんな提案をしていきたいと思っています。